読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホゲーム空間 ~iPhoneアプリのレビューと攻略~

ゲーム好きの管理人がAndroid、iOS用のおすすめスマホゲームを紹介します。「面白くないアプリは紹介しない」がコンセプトです。

Dots & Co:囲って大連鎖だ!ドットのキャンディクラッシュ型パズル

感想_パズル

Dots & Co

f:id:sato36:20160722150524j:plain
Dots & Coはドットをスワイプして消し囲んで消すパズルゲームだ。同じくドットを扱った個性的なパズルゲームであるDOTSやTWO DOTSの開発者が新たに開発したドットゲームとなっている。Dots & Coはいわゆるキャンディクラッシュ型のパズルなのだがルールが特殊で思わずハマってしまう魅力がある。Dotsから順々にグレードアップしたシリーズなので前作も合わせて簡単に紹介する。

www.youtube.com
www.youtube.com

Dots

「Dots」は「Dots & Co」の原型となったシンプルなルールのパズルだ。。6×6マスの正方形マス目上に赤・黄・緑・青・紫のドットが並んでいる。縦横に2マス以上並んだ同色を結ぶと消えて得点となる。縦横は連続して繋げる事ができる。1つドットが消えるたびにスコアが1増える。そして正方形に並んだ4つのドットを囲んで消す場合は特別だ。画面内の囲んだ色と同色のドットが全て消えて得点となる。いかに2×2マスを作るかが攻略の要だが、プレイすれば分かるがそれが難しい。連続していないドットは削除できないため、これがお邪魔ドットとなって邪魔をしてくる。2,3手先を考えながら2×2マスを作るようにプレイする必要がある。
f:id:sato36:20160722150106j:plainf:id:sato36:20160722150111j:plain

モードは60秒の間に最高スコアを目指す「Timed」、30手で最高スコアを目指す「Moves」、ひたすら続ける「Endless」、そして「Challenge」がある。正直、これだけなので飽きが速いがルールは洗練されている。このルールを生かしたのが続編の「Two Dots」だ。

Dots: A Game About Connecting

Dots: A Game About Connecting

  • Playdots, Inc.
  • ゲーム
  • 無料
Dots:「繋ぎ」を追求するゲーム - Google Play の Android アプリ

Two Dots

「Two Dots」は「Dots」をベースにシステムをキャンディクラッシュ型にまで拡張した続編だ。ステージがあり、各ステージに色を何ドット消すかお題がある。プレイヤーはお題の数だけその色を削除していく。ただし、ターン数があるので指定ターンまでにクリアする必要がある。また、単純な正方形マスではなく、ステージの形が自在になり、また中間にドットが通らないような仕掛けもある。

点数の方式も初代の1マス1から、一気に消去した数による倍率、クリアしたターン数によるボーナス補正などがある。隣のドットを壊して始めて通行可能になる壁、周囲の色と同じ虫を色ドットと同時に削除すると倒した事になり、指定数の虫を退治するお題などもある。まあ、いわばキャンディクラッシュでも見た事がある系統だと思う。ただ、ルールが全く異なるので面白さの方向性は異なる。
f:id:sato36:20160722150130j:plainf:id:sato36:20160722150134j:plainf:id:sato36:20160722150138j:plain

特にDotsシリーズの2×2マスを囲んだ時の爽快感はキャンクラにないものだ。また3×3マスの中央以外の周囲8マスを囲んだ場合、同色のドット全てを削除した後、該当9マス付近のドットが黒くなり、周囲と共に削除される新システムもある。なお、失敗するとスタミナが1経る方式。

TwoDots

TwoDots

  • Playdots, Inc.
  • ゲーム
  • 無料
Dots:「繋ぎ」を追求するゲーム - Google Play の Android アプリ

Dots & Co

f:id:sato36:20160722150537j:plain
さて、肝心の「Dots & Co」だが、{Two Dots」のシステムをほぼ採用しながらグラフィックの強化と課金強化を図った作品だ。グラフィックや演出は見ての通りドットだけだったシンプルな前2作と比べて見て楽しいものになっている。ルールは前作と同様。

いちおう、Two Dotと似ているが氷のギミックがあり、氷マスは周囲のドットを一度削除して始めて通れるようになる。また、氷マスはそのマスで複数回ドットを消去してはじめて削除できるなどのギミックが登場。他に水のギミックがある。水は隣り合わせのドットが削除されると、そのマスに流れ込むようになる。普通に指定色をいくつ消せばクリアなどのルールもあるが、氷を全て溶かせる、水を全てのマスに通るようにするなどのクリア条件もある。
f:id:sato36:20160722150255j:plainf:id:sato36:20160722150307j:plain
▲氷マスの周囲で消去すれば溶かせれる。ただ、まだ破片が残っているので破片内のドットも消去しなければならない。
f:id:sato36:20160722150429j:plainf:id:sato36:20160722150435j:plain
▲水ギミック。周囲のドットを消去でだんだん浸透していく。

さて、パズルのルールそのものはTwo Dotsとあまり変わらない。むしろ大きな違いはお助けキャラがいることだろう。それぞれ三角など他のドットとは異なる形を巻き込んで消去すると、お助けキャラのゲージがたまる。あるお助けキャラはゲージがたまるとランダムで色を決め、その色を全て消去、また別のあるキャラはキャンディのようなアイテムを出す。これを消去すると周囲9個がその色のドットに変化するので、2×2マス、もしくは3×3マスを作るのが簡単になる。また、課金アイテムがあり、「1ドットを消去する」「指定場所から上下を十字形に消去する」など強力な威力を発揮する。他、スタミナは1回で3減りクリアすると、スター3つで3回復、2で2回復、1で1回復、そして失敗すると回復しないシステムとなり前作より条件が厳しい。
f:id:sato36:20160722150201j:plain
▲各ステージお助けキャラは固定。スタート時にブーストを行うと最初からゲージがたまっている状態。

つまりは課金圧力が増してしまった。それでも、前二作より演出の出来がいいのでこちらの方が面白いかな。キャンディクラッシュとは随分プレイ感覚が違うので、この種のパズルゲームが好きなら一度遊んでみるといいだろう。3マッチパズル系と攻略法が全く違うため、似てるけど全く違うゲームになっている。

Dots & Co

Dots & Co

  • Playdots, Inc.
  • ゲーム
  • 無料
play.google.com