読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホゲーム空間 ~iPhoneアプリのレビューと攻略~

ゲーム好きの管理人がAndroid、iOS用のおすすめスマホゲームを紹介します。「面白くないアプリは紹介しない」がコンセプトです。

タッチ・ザ・マッピー【タチマピ】 復活のニャームコ団:FC版の流れを組むアクションパズル続編

オリジナルマッピーの正当続編に近い二次創作

f:id:sato36:20160614191439j:plain
タッチ・ザ・マッピーは、カタログIPオープン化プロジェクトにより外部有志が開発したFC版マッピーの二次創作だ。いや、ライセンスをバンダイナムコが持っているから形式上二次創作になるが、正当続編と言っても過言ではない。なぜなら以下の方達が開発したからだ。

・監修:オリジナル版マッピーの佐藤英二氏
・デザイン:オリジナル版マッピーの小野 Mr.Dotman 浩氏
・音楽:ZUNKO氏
元ナムコクリエーター、しかもオリジナル版マッピーに関わった方が中心になって開発したゲームだからだ。
FC時代の雰囲気そのままに遊びやすくカスタマイズしており、タッチ・ザ・マッピーは良質なアクションパズルとなっている。
8bit音も気持ちよいし、現代の8bitではなく、当時の8bitな感じがする。
www.youtube.com

なんちゃってパズルを楽しみながら敵から逃げるのだ

f:id:sato36:20160614191442j:plainf:id:sato36:20160614191445j:plainf:id:sato36:20160614191448j:plainf:id:sato36:20160614191451j:plainf:id:sato36:20160614191453j:plain
タッチ・ザ・マッピーはアクションパズルに分類するゲームだが、パズルよりもアクション要素が強めだ。ルールは簡単だ。

マッピーはプレイ開始時トランポリンに乗って上下に飛んでいる。その時、トランポリンの左右に足場があればマッピーはその足場に乗り前進する。壁にぶつかると反転、道が無ければそのまま地面があるところまで落ち、その後再び前進する。この特性で画面にある全ての宝を入手すればクリアだ。なお、地上(トランポリンと同じ高さ)へはトランポリンから移動できないので、一度上部で歩いて落ちなければならない。

敵はニャームコ(赤)とミューキーズ(ピンク)がいます。
ニャームコ(赤)は屋根裏と一番下の床を歩き、ミューキーズ(ピンク)はマッピー(自キャラ)を負う動きをします。トランポリンで上下中にぶつかっても問題ありませんが、前進している時などでぶつかるとゲームオーバーです。ステージのドアを開けるとマイクロ派で、同じ高さにいる敵を攻撃できます。
敵の動きにランダム性は一切ないので、自キャラと鉢合わせしないように考慮して進む位置を決める戦略性があります。

全60のステージが楽しめる。
f:id:sato36:20160614191503j:plainf:id:sato36:20160614191459j:plainf:id:sato36:20160614191503j:plainf:id:sato36:20160614191506j:plainf:id:sato36:20160614191508j:plain

広告多し

タッチ・ザ・マッピーはライフが5あり、ステージをプレイしたり、ステージ中に死亡すると1減る。0になると広告でライフを回復させる事ができるが、3つしか回復できない。そのため、頻繁に広告を見る頻度が高くなってしまうのだ。

うーん、有料で広告解除などができたら有難かったが、ゲーム性を損なっている。稼がなきゃいけないし、仕方ないのかな?タッチ・ザ・マッピーは海外だと確実に人気が出る完成度だが実はカタログIPオープン化プロジェクトの規約で日本でしか配信できない。ソシャゲに支配された日本でどこまでマネタライズできるかも疑問だ。
私の希望としては、是非成功して同じスタッフの別ゲームが見たいものだ。

なお、ファミコン版マッピーはヴァーチャルコンソールで販売しているので興味があればどうぞ。タッチ・ザ・マッピーと比べるとアクション成分が少し強めで難易度も高めかな。

タッチ・ザ・マッピー 復活のニャームコ団 - Google Play の Android アプリ
タッチ・ザ・マッピー 復活のニャームコ団 - Google Play の Android アプリ