読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホゲーム空間 ~iPhoneアプリのレビューと攻略~

ゲーム好きの管理人がAndroid、iOS用のおすすめスマホゲームを紹介します。「面白くないアプリは紹介しない」がコンセプトです。

ヴァルハイトライジング:ドット絵+テラバトル+FFBEの王道ファンタジー物語

ヴァルハイトライジング

f:id:sato36:20160727225909j:plain
ヴァルハイトライジングはバンダイナムコが運営するRPGだ。バンナムとしては珍しく既存IPを利用しない完全オリジナルのソシャゲRPGとなっている。ライズ(召喚獣みたいなもの?)を召喚し魔物と戦っていく。戦闘はテラバトルをアレンジしたような内容、ストーリーやシステムはFFBEを意識している……と既存のゲームアイデアを混ぜて採用してオリジナリティがあまり無いあたりがなんともバンナムらしい。が、綺麗で迫力あるドット絵の戦闘や、FFBEを意識しながらもスーファミ時代を彷彿させる独特のシナリオは興味深い。なお、シナリオは2Dを意識しながら1シーンが眺めで設定・キャラの性格共に特徴があって面白い。まぁ私の場合、ストーリーが面白ければソシャゲを取り上げる方針なので感想を書いてみた。

www.youtube.com
www.youtube.com

(*)執筆時、メンテナンス中で画像のキャプチャが撮れませんでした。後に追記します。

創造神 = 破壊神が作ったファンタジー世界が舞台。1000年前に封じたが目覚めようとしている……、王国の騎士隊長である主人公達3人と1人の少女はその神を再度封じるために冒険に出る……。そんな感じのストーリー。キャラは馬鹿だけど正義感が強い少年、礼儀正しくもう一方の少年の馬鹿さ加減に振り回されてる少年、そしてクールな少年で3人は幼馴染み且つ騎士団長や副長(らしい)。そして何か秘密がありそうな無口な少女を伴って旅にでる。ちなみにFFBEをプレイした人にはクールな少年以外の3人がFFBEの主役3人と被るかもしれない。わいわい4人で冒険しながら交流して仲を深めつつ衝撃の事実が~な展開になりそうな雰囲気。神の力が4つの異世界に封じられているため、主人公達は4つの異世界に冒険する事になる。…という事は世界観が全く異なる世界の冒険などの展開もありそうだ。
f:id:sato36:20160727225919j:plain

スーファミ時代のRPGを思わせるような設定や言葉遣いが目立っていて、且つ1話あたりのテキスト量も多め。ストーリーはちゃんと力を入れてるなと感じるゲームだ。2Dドットのゲームだが、ドットの質が高く会話でキャラが飛んだり喜びマークを出したりと2D独特の表現を効率良く使っている。まあ予算カットが理由で2Dにしたゲームではなさそうだ。

音楽は最新のDTM音源だけど、それでもスーファミ~プレステ2時代あたりを彷彿させる音楽が多い。シナリオと音楽がマッチしており物語を盛り上げる。ただ、戦闘(クエスト)音楽はハードロックな男性ヴォーカルで、これがあまり世界観に合わない。ゲームプレイで一番時間かけるとこでこの音楽はどうなのだろうか。

さて、システムだが、ストーリー同様軽くFFBEの影響を受けている。アイテムは素材を使って鍛冶屋で調合する。鍛冶屋は資金の提供で調合できる素材が増える。他、ホーム画面で料理すると指定分だけ戦闘中に効果を及ぼす補助効果が付く。ワールドマップは世界地図を模しており、シナリオに従って進むチェンクロ系の進み方。そしてシナリオ回想などはしっかり完備。まあ独特なのはこれぐらいで他は通常のソシャゲと同様のシステムかな。

テラバトルな戦闘にリアルタイム性で攻略の幅を広げたヴァルハイトライジング

戦闘はテラバトルのシステム。私はテラバトルを本格的にプレイしていないので細かな判別が難しいが、ほぼそっくりだ。バンナムってオリジナルの戦闘システム採用してるソシャゲあまりないよね……。ただ、テラバトルがカード型の味気ないインターフェイスだったのに対し、ヴァルハイトライジングだと2Dドットがよく動いてくれるため迫力がある。
f:id:sato36:20160727225827j:plainf:id:sato36:20160727225832j:plainf:id:sato36:20160727225842j:plainf:id:sato36:20160727225848j:plain

戦闘はマス目上のフィールドで行われる。ライズ(召喚獣)は攻撃範囲が決まっている。例えば銃キャラなら直進4マスに攻撃、魔法使いキャラなら前方3マス×2に攻撃……など。攻撃範囲にいる敵全てにダメージを与える。また、攻撃した敵が他の味方の攻撃範囲にいると、続けて攻撃してコンボになる。そして、他の味方が攻撃したあと現在のキャラがさらに攻撃するなど……コンボの爽快感を追及している。さらにスキルを放って……。

そして、ここがテラバトルと異なる点だが、キャラの移動に制限時間があり、制限時間内なら好きなだけ移動が可能。味方マスに移動すると味方はその1歩前のマスに移動する。これを利用して制限時間内に最もコンボになりやすい位置を調整する戦略がある。リアルタイムな攻略になるため私のようなじっくり考えたい層だと、「ちょっと」ってなってしまうがテラバトルとの差別化の意味では面白い。

バンナムのソシャゲって既存IP + 低予算開発が目立つけど、ヴァルハイトライジングはそれなりに予算をかけて開発したなと感じる出来栄えだ。(面白さやパクりってどうなのって突っ込みは脇に置いて)。2Dドットの王道ファンタジーストーリーが楽しみたければヴァルハイトライジングを遊んでみるといいだろう。個人的にはFFBEのようなダンジョン探索の面倒臭さがないのが有難い。

ヴァルハイトライジング(VALHAIT RISING)

ヴァルハイトライジング(VALHAIT RISING)

  • BANDAI NAMCO Online Inc.
  • ゲーム
  • 無料
ヴァルハイトライジング(VALHAIT RISING) - Google Play の Android アプリ