読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホゲーム空間 ~iPhoneアプリのレビューと攻略~

ゲーム好きの管理人がAndroid、iOS用のおすすめスマホゲームを紹介します。「面白くないアプリは紹介しない」がコンセプトです。

Tracky Train:列車より前に線路を紡げ!クロッシーロード系の良作

Tracky Trainはクロッシーロードに柔軟性を持たせたカジュアル

f:id:sato36:20160706145549j:plain
Tracky Trainは線路を引きながら、ひたすら前方に進むカジュアルゲームだ。いわゆるクロッシーロード系。ただし、画面が迫ってくるのではなく、後ろから列車が追いかけてくる設定になっていて、列車に追いつかれるとゲームオーバーになる。広告を見て3回ほど、その場から少し逆戻りして再プレイが可能。(課金で広告を外す事も可能)


youtu.be

列車に追いつかれるな。お客を集めて停留所で足止め!

f:id:sato36:20160706145850j:plain
Tracky Trainは自動的に向いている方向に進んでいく。そのため操作法はクロッシーロードとは違ってスワイプで方向転換となる。普通に前方をひたすら進んでいくだけだと時期に列車に追いつかれゲームオーバーになる。ではどうするかと言えば、ゲーム内で待っているお客さんがいるところに線路を引くのだ。すると列車はお客の前で一時だけ止まる。その間に距離を稼ぐのだ。しかし列車は最大乗員人数が決まっており、越えるとお客を無視して走ってしまう。停留所があるので、その場所に線路を引くと、長時間留まりながら全てのお客を降ろす事ができる。
f:id:sato36:20160706145907j:plain

お客は1人でいる事もあれば3人までまとめて並んでいる事もある。1度にまとめて乗せてしまうと列車が1回しか止まらないのに3人分が埋まってしまうので、「あぁ、3人は無視しよう……」や「もうじき停留所があるはずだからはやく集めるため3人を乗せよう」など簡易的な戦略要素が発生する。そうやってお客の乗降を繰り返していくゲームだ。

また、船に乗って先に進む場合、船が中央に来るまで足止めさせられたり、車が走行している場所を横断する際に車とぶつかると進みが悪くなったりする。クロッシーロードのようにその場で止まる事ができないため、その場合、下方向に進む。(止まるとすぐに列車に追いつかれる)線路が引いていないところなら下方向に戻れるのも大きな特徴だろう。線路がひいてある箇所は対角線のみ移動できるが、平行線では移動できない。この仕様を利用して場が整うまで近くを彷徨うのだ。
f:id:sato36:20160706145645j:plainf:id:sato36:20160706145623j:plain

乗員を増やす強化要素あり

Tracky Trainはクロッシーロードと同様に最大走行距離を競うカジュアルゲームだが、そのためには列車の種類がかかせない。ステージ上で拾うコインで列車のカスタマイズ(主に最大乗員人数が増える)が行える。また、ゲームオーバー後、お客の乗降数にあわせてボーナスが貰え新たな列車の入手などが行える。各列車で速度が異なり、最大乗員人数も異なるので列車選びも重要だ。そして強化した列車で最大走行距離も伸びる相乗効果もあり。また、乗員は一度ゲームで乗車するとコレクションに掲載される。どう考えても走行距離より乗員人数が大切なゲームなので、数少ない停留所は必ず通るようにしたい。
f:id:sato36:20160706145710j:plainf:id:sato36:20160706145716j:plain

ステージは高山、ワイルドウェスト、軍事基地、寒冷地、中世の5つだ。購入する他に列車と同様、乗降数がたまるとステージもアンロックされていく。実は人気あるクロッシーロードも私には単純すぎてハマる事ができなかったが、Tracky Trainはそれなりに楽しい。クロッシーロードを模範しながらもルールが増え、操作も異なり全くの別物に仕上がっている。
価格は無料だが、ゲームオーバー後のコンティニュ-に動画広告がある。動画広告は600円で無効化でき、コインの課金入手もあります。でも、順調にステージもアンロックしているので基本無料な作りでは無く広告無料な形式だと思う。
f:id:sato36:20160706145920j:plain

Tracky Train

Tracky Train

  • Crash Lab Limited
  • ゲーム
  • 無料
Tracky Train - Google Play の Android アプリ